論文紹介

ここでは、当専攻で最近専門誌に発表された論文を簡単に紹介しています。研究内容に興味を持った、もっと詳しく知りたいというみなさんは、各研究グループのHPも合わせて参考にしてください。

 

第25回論文紹介(2015.6更新)

グループ名
分子修飾制御学グループ
著者

中務邦雄*、西村崇、スチュアート バーン、岡本美智代、高橋(中口)梓、知花博治、奥村文彦、嘉村巧*
*責任著者

タイトル(英)
The ubiquitin ligase SCFUcc1 acts as a metabolic switch for the glyoxylate cycle
タイトル(日)
ユビキチンリガーゼSCFUcc1はグリオキシル酸回路の代謝スイッチとして機能する
発表された専門誌
Molecular Cell, Online 14 May 2015, doi:10.1016/j.molcel.2015.04.013
→要旨を見る
グループ名
動物器官機能学グループ
著者

竹内未紀、松田光司、山口信悟、浅川和秀、宮坂信彦、Lal Pradeep、吉原良浩、古賀章彦、川上浩一、清水貴史、日比正彦

タイトル(英)
Establishment of Gal4 transgenic zebrafish lines for analysis of development of cerebellar neural circuitry
タイトル(日)
小脳神経回路の発生過程の解析のためのGal4ゼブラフィッシュトランスジェニック系統の樹立
発表された専門誌
Developmental Biology 397, 1-17, 2015.
→要旨を見る
グループ名
細胞間シグナル研究グループ
著者

小川(大西)真理、松林嘉克

タイトル(英)
Identification of three potent hydroxyproline O-galactosyltransferases in Arabidopsis
タイトル(日)
シロイヌナズナにおけるヒドロキシプロリンO-ガラクトシル化酵素の同定
発表された専門誌
The Plant Journal・81・736-746・2015
→要旨を見る
グループ名
細胞生物学グループ
著者

山内友恵、松下知嗣、橋本隆、平子善章

タイトル(英)
Major cleavage-dependent epitopes for linear IgA bullous dermatosis are formed at the boundary between the non-collagenous 16A and collagenous 15 domains of BP180
タイトル(日)
線状IgA水疱症の主要な切断依存的エピトープはBP180の細胞外部分の非コラーゲン16Aドメインとコラーゲン15ドメインの境界領域に存在する
発表された専門誌
Journal of Dermatological Science・ 76 ・25–33・2014
→要旨を見る
グループ名
生体膜機能グループ
著者

西野優紀、尾上靖宏、小嶋誠司、本間道夫

タイトル(英)
Functional chimeras of flagellar stator proteins between E. coli MotB and Vibrio PomB at the periplasmic region in Vibrio or E. coli
タイトル(日)
大腸菌MotBとビブリオ菌PomBのペリプラズム領域におけるキメラ体を用いた種特異的機能解析
発表された専門誌
MicrobiologyOpen, 4(2), 323-331, 2015
→要旨を見る
グループ名
超分子機能学講座 生体膜機能グループ
著者

小川遼、吉住玲、岸孝亮、本間道夫、小嶋誠司

タイトル(英)
Interaction of the C-terminal tail of FliF with FliG from the Na+-driven flagellar motor of Vibrio alginolyticus
タイトル(日)
海洋性ビブリオ菌のNa+駆動型モーターにおけるFliFのC末端とFliGの相互作用
発表された専門誌
J. Bacteriol. (2015) 197(1), 63-72.
→要旨を見る
グループ名
超分子構造学グループ
著者

小山昌子、白井菜月、松浦能行

タイトル(英)
Structural insights into how Yrb2p accelerates the assembly of the Xpo1p nuclear export complex
タイトル(日)
Yrb2pがXpo1p核外輸送複合体形成反応をスピードアップする機構の構造基盤
発表された専門誌
Cell Reports, 9: 983-995 (2014)
→要旨を見る
グループ名
超分子構造学グループ
著者

小林純也、平野秀美、松浦能行

タイトル(英)
Crystal structure of the karyopherin Kap121p bound to the extreme C-terminus of the protein phosphatase Cdc14p
タイトル(日)
核移行受容体Kap121pとフォスファターゼCdc14pのC末端領域の複合体の結晶構造
発表された専門誌
Biochem. Biophys. Res. Commun. 463: 309-314 (2015)
→要旨を見る
グループ名
細胞間シグナル研究グループ
著者

篠原秀文,松林嘉克

タイトル(英)
Reevaluation of the CLV3-receptor interaction in the shoot apical meristem: dissection of the CLV3 signaling pathway from a direct ligand-binding point of view.
タイトル(日)
CLV3ペプチドと受容体との直接的結合を指標としたCLV3シグナル伝達経路の再評価
発表された専門誌
Plant J. 82, 328-336 (2015)
→要旨を見る
グループ名
構造生物学研究センター
著者

Hiroshi Imai, Akihiro Narita, Yuichiro Maeda and Trina A Schroer

タイトル(英)
Dynactin 3D Structure: Implications for Assembly and Dynein Binding
タイトル(日)
ダイナクチンの三次元構造:構造構築とダイニン結合様式の示唆
発表された専門誌
ournal of Molecular Biology Vol 426 Issue 193262-3271, 2014
→要旨を見る
グループ名
構造生物学研究センター (甲斐荘グループ)
著者

Tomomi Sato, Yohei Miyanoiri, Mitsuhiro Takeda, Youichi Naoe, Rie Mitani, Ko Hirao, Sayaka Takehara, Masatsune Kainosho, Makoto Matsuoka, Miyako Ueguchi-Tanaka, Hiroaki Kato

タイトル(英)
Expression and purification of a GRAS domain of SLR1, the rice DELLA protein
タイトル(日)
rice SLR1蛋白質GRASドメインの性状解析
発表された専門誌
Protein Expr. Purif.  95号, 248-258. 2014年 doi: 10.1016/j.pep.2014.01.006.
→要旨を見る
グループ名
構造生物学研究センター(甲斐荘グループ)
著者

Elena Schmidt, Teppei Ikeya, Mitsuhiro Takeda, Frank Löhr, Lena Buchner, Yutaka Ito, Masatsune Kainosho, Peter Güntert

タイトル(英)
Automated resonance assignment of the 21 kDa stereo-array isotope labeled thioldisulfide oxidereductase DsbA
タイトル(日)
21 kDa SAIL DsbA タンパク質の自動帰属
発表された専門誌
J. Magn. Reson.  249号, 88-93. 2014年doi: 10.1016/j.jmr.2014.10.005.
→要旨を見る
グループ名
構造生物学研究センター(甲斐荘グループ)
著者

Songlin Wang, Sudhakar Parthasarathy, Yusuke Nishiyama, Yuki Endo, Takahiro Nemoto, Kazuo Yamauchi, Tetsuo Asakura, Mitsuhiro Takeda, Tsutomu Terauchi, Masatsune Kainosho, and Yoshitaka Ishii

タイトル(英)
Nano-mole scale side-chain assignment by 1H-detected protein solid-state NMR by ultra-fast magic-angle spinning and stereo-array isotope labeling
タイトル(日)
超高速MASとSAIL法を用いたナノモル程度の試料に対する1H検出型固体NMR法の側鎖の帰属
発表された専門誌
PLoS One 10号 e0122714 2015年doi:10.1371/journal.pone.0122714
→要旨を見る
グループ名
超分子構造学グループ(東北大、理研、東京医科歯科大、共同研究)
著者

Nobuhiko Kato, Akihiko Ishijima, Takehiko Inaba, Fumimasa Nomura, Shuichi Takeda and Kingo Takiguchi

タイトル(英)
Effects of lipid composition and solution conditions on the mechanical properties of membrane vesicles.
タイトル(日)
膜小胞の力学的特性に与える脂質組成および溶液条件の効果影響
発表された専門誌
Membranes・5・22-47・2015 (doi:10.3390/membranes5010022)
→要旨を見る
グループ名
生殖分子情報学グループ
著者

丸山大輔, Ronny Völz, 武内秀憲, 森稔幸, 井川智子, 栗原大輔, 河島友和,植田美那子, 伊藤正樹, 梅田正明, 西川周一, Rita Groß-Hardt, 東山哲也

タイトル(英)
Rapid elimination of the persistent synergid through a cell fusion mechanism.
タイトル(日)
細胞融合による残存助細胞の迅速な排除
発表された専門誌
Cell 161, 907-918, 2015
→要旨を見る
グループ名
形態発生学グループ
著者

Yoshihiro Morishita, Atsushi Kuroiwa, Takayuki Suzuki

タイトル(英)
Quantitative analysis of tissue deformation dynamics reveals three characteristic growth modes and globally aligned anisotropic tissue deformation during chick limb development.
タイトル(日)
組織変形ダイナミクスの定量的解析からニワトリ胚肢芽における3つの特徴的成長モードと肢芽全体における組織変形の異方性を発見した
発表された専門誌
Development. 142p1672-1683. 2015
→要旨を見る

pagetop