セミナー・集中講義

2018年1月

セミナー 1/26セミナーのご案内(アドバンス生命理学特論/Topics in Advanced Biological Science) 1/26 [16:30~18:00] 大学院

下記のセミナーが開催されます。皆様ぜひご聴講ください。
 
※このセミナーは「アドバンス生命理学特論/Topics in Advanced Biological Science」です。
 
日時/Date:1月26日(金)Friday, Jan 26   16:30〜18:00 

場所/Venue:理学部A館2階 A222号室

講師/Lecturer:菅澤 薫 先生(神戸大学バイオシグナル総合研究センター・教授)

題名/Title:遺伝情報の安定維持を保証するDNA損傷認識の分子基盤
 
 
世話人/Contact:生物機能開発利用研究センター 日比 正彦  (内線5198, hibi@bio.nagoya-u.ac.jp)


→リンクはこちら/Click here for related information.

セミナー 【環医】1/16 平成29年度 基盤医学特論開講通知 1/16 [17:00~18:30] 大学院

下記のとおり、環境医学研究所による「平成29年度 基盤医学特論」が開催されます。
皆様ぜひご聴講ください。
 Information on Special Lecture Tokuron AY2017
 
日 時:平成30年1月16日(火)17:00〜18:30
Time and Date:16st January(Tue), 2017 17:00-18:30

場 所:環境医学研究所 北館セミナー室
Room:Research Institute of Environmental Medicine Room No.N201
 
講 師:井樋 慶一 先生(東北大学大学院情報科学研究科 情報生物学/医学系研究科・神経内分泌学・教授)
Teaching Staff:Dr. Keiichi Itoi(Professor, Laboratory of Information Biology, Graduate School of Information Sciences, Department of Neuroendocrinology, Graduate School of
Medicine, Tohoku University)
 
題 目:遺伝子改変マウスを用いた脳内 CRF ニューロンの構造と機能の探求
Title:Exploring the structure and function of corticotropin-releasing factor (CRF) neurons in the brain using genetically modified mouse lines


使用言語:日本語 ※事前連絡は不要です。
Lecture in Japanese. No registration required.


関係講座部門等の連絡担当者:環境医学研究所・神経性調節学 山中章弘(内線:3864)
Contact:Akihiro Yamanaka (Ext.3864)

リンクはこちら/Click here for related information.→

セミナー 【環医】1/17 平成29年度 基盤医学特論開講通知 1/17 [17:00~18:30] 大学院

下記のとおり、環境医学研究所による「平成29年度 基盤医学特論」が開催されます。
皆様ぜひご聴講ください。
 Information on Special Lecture Tokuron AY2017
 
日 時:平成30年1月17日(水)17:00〜18:30
Time and Date:17st January(Wed), 2017 17:00-18:30

場 所:環境医学研究所 北館セミナー室
Room:Research Institute of Environmental Medicine Room No.N201
 
講 師:伊藤 美智子 先生(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 臓器代謝ネットワーク講座・特任助教)
Teaching Staff:Michiko Itoh, M.D., Ph.D.(Assistant Professor, Department of Organ Network and Metabolism, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Tokyo Medical and Dental University)
 
題 目:肝線維化を促進する疾患特異的マクロファージの同定 ー非アルコール性脂肪性肝炎モデルの開発を通じてー
Title:Identification of a pathogenesis-specific macrophage subset which promotes liver fibrosis in a murine model of non-alcoholic steatohepatitis

講 師:榎本 篤 先生(名古屋大学大学院医学系研究科腫瘍病理学・准教授)
Teaching Staff:Atsushi Enomoto, M.D., Ph.D.(Associate Professor, Department of Pathology, Nagoya University Graduate Shool of medicine)
 
題 目:間葉系幹細胞のマーカー分子解析に基づくがん間質と線維化疾患の本態理解
Title:Understanding cancer stoma and fibrotic diseases based on the analysis of mesenchymal stem cell maker proteins

 使用言語:日本語 ※事前の申込みは不要です。
Lecture in Japanese. No registration required.


関係講座部門等の連絡担当者:免疫代謝学、環境医学研究所分子代謝医学分野 菅波 孝祥(内線3881)
Contact:Takayoshi SUGANAMI, Department of Immunometabolism, Molecular Medicine and Metabolism (Ext.3881)

リンクはこちら/Click here for related information.→

3 件中 1−3 件目

  • 1

pagetop