トピックス

2016年12月

本専攻の久本直毅准教授らのグループの研究成果が、1月27日発売号の科学新聞に掲載され、プレスリリースされました

本専攻の久本直毅准教授らの研究グループが、線虫をモデルとした研究により、コラーゲンが切断された神経軸索の再生を直接促進する仕組みを分子レベルで解明しました。研究成果は、1月27日発売号の科学新聞に掲載されました。詳細はリンクのプレスリリースをご覧ください。ぜひご一読ください。

リンクページはこちら→

本専攻の西山朋子准教授らのグループの研究成果が、欧州科学誌に掲載され、プレスリリースされました

本専攻の西山朋子准教授らの研究グループが、生命の遺伝情報が書き込まれている「染色体」の構成に重要な役割を果たしているとされるリング状のタンパク質「コヒーシン」の働きの一部を解明しました。研究成果は、12月15日付欧州科学誌に掲載され、16日付中日新聞で紹介されました。詳細はリンクのプレスリリースをご覧ください。ぜひご一読ください。

リンクページはこちら→

2016年度オープンキャンパス(8/10開催)での体験実習の様子をアップしました

2016年度オープンキャンパス(8/10開催)での体験実習の様子をアップしました。

実験実習「光合成をサポートする植物の光応答」

2015年度オープンキャンパス(8/11開催)の体験実習の様子は下記の通りです。

実験実習「プログラム細胞死の観察」

ぜひご覧ください。

3 件中 1−3 件目

  • 1

pagetop