トピックス

2016年3月

トランスフォーマティブ生命分子研究所(本専攻兼務)の東山哲也教授のグループが、3月10日付の中日新聞で紹介されました

トランスフォーマティブ生命分子研究所(本専攻兼務)の東山哲也教授のグループが、花粉管が卵細胞へと向かう仕組みを解明しました。この成果は、2016年3月10日付の英科学誌「ネイチャー」に掲載され、同日中日新聞で紹介されました。ぜひご一読下さい。

リンクページはこちら→


pagetop