トピックス

名古屋大学名誉教授・元当専攻の小田洋一教授らの研究成果が、様々なメディアで紹介されました

名古屋大学名誉教授・元当専攻の小田洋一教授(神経生理学)と竹内勇一・富山大学助教(神経行動学)の研究チームが、アフリカの魚を調べ「利き手」の違いを生む仕組みを突き止めました。研究成果は8月28日付の中日新聞、31日付の朝日新聞、23日付の日経新聞で紹介されました。また、日本科学振興機構(JST)のサイトでも紹介されています。ぜひ、合わせてご一読ください。
詳細はリンクページのプレスリリースをご覧ください。

リンクページはこちら→


pagetop