トピックス

本専攻の田中実教授と西村俊哉助教らの共同研究グループの研究成果が、米国科学雑誌に公開され、中日新聞他、様々なメディアで取り上げられました

本専攻の田中実教授と西村俊哉助教、国立遺伝学研究所の 酒井 則良 准教授のグループ及びUniversity of Massachusetts Boston のKellee Siegfried 博士との共同研究により、身体をメスにしたがる特質の細胞がいることを、メダカを利用した実験において見出しました。身体をメスにしたがる細胞の特質がわかったことにより、今後、身体の性が決まる仕組みの理解が一層深まると期待されます。
この研究成果は、平成30年3月30日付(日本時間午前3時)米国科学雑誌「PLOS Genetics」にてオンライン公開され、同日付の中日新聞で紹介されました。また、以下様々なメディアで取り上げられました。詳細はリンクからプレスリリースをご覧ください。
なお、この研究は文部科学省科学研究費補助金、住友財団及びノバルティス科学振興財団の支援のもとで行われたものです。

リンクページはこちら→


pagetop