トピックス

2021年6月

生命理学専攻教授(分子生物学分野)の募集について(8/31締切)/Searching candidates for Professor(a full-time position)

名古屋大学大学院理学研究科生命理学専攻では、教授(分子生物学分野/常勤、任期なし)を公募します。
応募締切は2021年8月31日必着です。詳しい内容は下記リンクページをご覧下さい。

Searching candidates for Professor at Division of Biological Sciences, Graduate School of Science, Nagoya University
(a full-time position/Professor Position in Molecular Biology)
Application Deadline:August 31, 2021

トランスフォーマティブ生命分子研究所(本専攻兼務)の中村匡良特任講師らの研究グループによる研究成果が英国科学誌「Nature Communications」に掲載され、プレスリリースされました

トランスフォーマティブ生命分子研究所(本専攻兼務)の中村匡良特任講師らの研究グループは、「のり」が「はさみ」を連れてくる、植物細胞のユニークな「微小管」形成の仕組みを明らかにしました。
この研究成果は、2021年6月17日18時(日本時間)付英国科学誌「Nature Communications」に掲載されました。
詳細はリンクページをご覧ください。

リンクページはこちら→

論文紹介を更新しました。

毎年2回(6月と10月)論文紹介を更新しています。
2021年6月分を更新しましたので、何卒ご一読ください。

リンクページはこちら→

3 件中 1−3 件目

  • 1
カレンダー

今後の予定


pagetop